2011-3-11 を忘れない

難航する廃炉作業。使用済み核燃料搬出開始時期4度目の先送り

燃料搬出最大5年先送り 福島第1原発廃炉の工程表改定

 政府は27日、東京電力福島第1原発の廃炉に向けた中長期ロードマップ(工程表)を改定した。1、2号機の使用済み核燃料の搬出開始時期について、現行工程表より最大5年先送りすることを明記。汚染水の発生量を2025年中に1日100トン以下に抑制する目標も初めて盛り込んだ。

事故を起こした1、2号機の建屋内に残された燃料は当初、17年度に搬出を始める予定だった。その後の改定で先送りを3回繰り返し、17年9月の前回改定では「23年度をめど」としていた。
新たな工程表では、搬出開始時期について2号機を24~26年度、1号機を27~28年度と先送りする。その他の号機でも取り出しを進め、既に終えた4号機を含め31年内に1~6号機での搬出完了を目指す。
搬出開始が遅れる理由について、経済産業省の担当者は「ダストの飛散対策をより徹底する工法に変更するため」と説明する。
現行では1日150トン以内としていた汚染水発生量の目標は、建屋の屋根を補修したり雨水の浸透対策を強化したりすることで抑制する。1~3号機原子炉建屋内の滞留水も、20年末見込みの6000トンを24年度までに半分程度に減らす目標を掲げた。
最難関とされる溶融核燃料(デブリ)の取り出しは21年に2号機で着手。当初はアーム型アクセス装置で数グラム規模で少しずつ行い、徐々に規模を拡大する。ただデブリは広がりや厚さといった分布状況がなお未解明で、1、3号機の取り出しも含め工程は不透明だ。。
廃止措置終了までの期間を事故から「30~40年後」とする目標は据え置いた。
11年12月に策定された工程表の改定は今回で5回目。27日に官邸であった廃炉・汚染水対策関係閣僚等会議で決めた。河北新報2019年12月28日

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ