2018年8月の月別アーカイブ
2011-3-11 を忘れない

<JR山田線>宮古-釜石間で試験走行開始 三鉄南北リアス線いよいよ繋がる

<JR山田線>宮古-釜石間で試験走行開始 線路、橋の強度確認 試験走行のため、建て直された鵜住居駅のホームに入線するディーゼル機関車 拡大写真  東日本大震災で被災し、復旧工事を進めていたJR山田線の宮古-釜石間(55.4キロ)で2 ...

浜再生の道 検証・水産業復興特区 桃浦地区7年半のあゆみ

<浜再生の道 検証・水産業復興特区>(上)誤算/雇用の大義経営を圧迫 津波の爪痕が随所に残る浜に立つ桃浦LLCの社屋 拡大写真 拡大写真  東日本大震災からの漁業再生の呼び水として宮城県が2013年に導入した水産業復興特区は、9月予 ...

桃浦かき生産者合同会社(水産特区 LLC)の成否と展望

<浜再生の道 検証・水産業復興特区>2氏インタビュー/LLC、その成否と展望 [かつかわ・としお]東京大農学生命科学研究科で博士号取得。専門は水産資源学。同大海洋研究所助教、三重大准教授を経て2015年4月から現職。46歳。 拡大写真 ...

福井大飯原発差し止め訴訟、最高裁上告断念

大飯訴訟住民側、苦渋の最高裁回避 各地の原発訴訟影響を考慮 福井新聞2018年7月18日 午前11時30分 拡大する 上告断念を表明し「苦渋の選択」と述べる中嶌哲演さん(中央)。左は島田広弁護団長=7月17日、福井県福井 ...

<福島第1原発>処理水の放射性物質残留 ヨウ素129基準超え60回 17年度

<福島第1原発>処理水の放射性物質残留 ヨウ素129基準超え60回 17年度  東京電力福島第1原発の多核種除去設備(ALPS)で汚染水の浄化後に残る放射性物質トリチウムを含む水に、他の放射性物質も除去しきれず残っている問題で、排水の法 ...

福島県ふたば未来学園高校に地域協働スペース。生徒がカフェ運営し住民と課題解決の場を

新校舎に地域交流の場 生徒がカフェ運営 住民と課題解決へ 「地域協働スペース」の完成イメージ図と模型を前に期待を語る長谷川さん(右)と石井さん 拡大写真  福島県ふたば未来学園高(広野町)は、来年4月完成の新校舎に設ける「地域協働ス ...

福島はなぜ「水力発電」の増強を目指すのか 経済復興・自立のため人々は立ち上がった

「福島はなぜ「水力発電」の増強を目指すのか 経済復興・自立のため人々は立ち上がった」という興味深い署名記事を以下に転載します。 竹村 公太郎  東洋経済オンライン 2018/08/14 12:00 © 東洋経済オンラ ...