2018年3月の月別アーカイブ
2011-3-11 を忘れない

<止まった刻 検証・大川小事故>第6部; 聞く人語る人読む人余りに辛い現実ですが・・・

<止まった刻 検証・大川小事故>第6部 地獄(1)無事の願い打ち砕く惨状 震災から7年を迎えた3月11日朝の大川小。かつての家並みは消え、更地に水たまりが広がっていた=石巻市釜谷 拡大写真  石巻市大川小は東日本大震災の津波で壊滅 ...

南三陸の未来支える道に 国道45号の橋、宮城県内で初の復旧

開通を祝い笑顔で国道45号を歩く子どもたち 拡大写真  東日本大震災で被災した宮城県南三陸町志津川の中心市街地を貫く国道45号が29日、復旧した。再建された2カ所の橋で渡り初め式があり、関係者が町の復興への期待を膨らませた。被災した ...

埼玉県議会が昨年末「原発再稼働求める意見書」なるものを提出

 旧聞に属することですみません。こんな大事なトピックを見逃していた不明を愧じています。「国民的繁忙期」を狙ったのかと勘繰りつつも、ネットで周辺事情を調べて機敏な反応がしめされ、強い抗議が起こっていたことを知り、いささか慰められましたが、より ...

東日本大震災被災後7年。「記憶の風化」「教訓の忘却」が災禍の再来を招く

東日本大震災から7年余が経過しました。2万人を超える犠牲者、遺された人々の苦悩と苦難、見通しはおろか、現状すら把握できない福島第一原発の廃炉作業など、心に刻み、思いを寄せ続けねばならない現状の重みを改めてしっかりと受け止めなければならないと ...

<大川小の悲劇>救えなかった沢山の命にかけて教訓を後世に

<止まった刻 検証・大川小事故>第4部 緊迫(1)「避難」叫び 広報車が通過 大川小前を通過する自動車のテールランプの光跡。石巻市の広報車は避難を呼び掛けながら三角地帯を目指した=石巻市釜谷 拡大写真 (写真は一般社団法人東北地域づくり ...