2018年2月の月別アーカイブ
2011-3-11 を忘れない

足元の復興の進み具合や新たな課題などについて南三陸町・佐藤仁町長に聞く。

<再生の針路>環境軸にブランド発信/ 国際認証を得た養殖カキと、森林をアピールするために開発した薫製カキの試食会 拡大写真  未曽有の被害が出た東日本大震災から間もなく7年を迎える。県内の被災自治体では、復興のハード事業がほぼ完了し ...

<震災7年>震災関連文書、散逸の恐れ 

 被災3県沿岸市町村の半数近くが特別措置なし 拡大写真  東日本大震災で被災した岩手、宮城、福島3県の沿岸37市町村のうち、半数近い16市町村が震災関連文書について全量保存といった特別な措置を講じていないことが、河北新報社が行った ...

<大川小の悲劇>なぜ避難場所に迷い続けたのか

<止まった刻 検証・大川小事故>第3部 迷い(1)バス運転手 待機むなしく スクールバスは児童を乗せて走りだすことはなかった。あの日の記憶が刻まれた校舎を、今も多くのバスが訪れる=2日、石巻市釜谷の大川小 拡大写真 拡大写真  東 ...

<福島第1>2号機格納容器内カメラ撮影。高い線量下、文字通り手探りの危険な作業が続く。

<福島第1>2号機でも溶融燃料確認 格納容器内カメラ撮影 溶融燃料とみられる小石状の物体や堆積物。L字型の燃料集合体の部品は1辺が10~15センチ(国際廃炉研究開発機構提供) 拡大写真 拡大写真   東京電力は1月19日、福島第1 ...