2017年8月の月別アーカイブ
2011-3-11 を忘れない

<原発被災地>学校再開へ小中生確保に腐心 アピールに知恵絞る

 住民の意識と行政のあいだにあまりにも大きな隔たりがあり、就学を前にした子どもたちの事がとても心配です。 見学会で教育内容などを説明する福島県浪江町教委の職員。避難中の保護者が参加した 拡大写真 福島県飯舘村教委が作成した教育パンフレッ ...

<福島第1>搬送中の除染廃棄物 保管袋から水漏れ

 日常生活に紛れてしまうような除染に伴う事故があちこちに潜んでいるのではないかと大変気になります。危険意識の風化を諌め、細心の注意を払っていきましょう。  29日午後1時35~50分ごろ、いわき市の磐越自動車道差塩パーキングエリアで、東 ...

原子力規制委退任前の田中俊一委員長に聞く「福島廃炉 東電は主体性を」

 いちいち不安を禁じえない指摘がなされています。こうした諸問題を解決すべく、十分な体制を整えてほしいと思います。   「東電は福島の地域住民ともっと向き合うべきだ」と語る田中委員長 拡大写真  5年の任期を終え9月18日に ...

<福島第1>凍土遮水壁 最後の凍結開始 2~3カ月後完成目指す

冷却材を循環させるバルブを開ける作業員ら=22日午前9時ごろ(代表撮影) 拡大写真 拡大写真  東京電力は22日、福島第1原発1~4号機の建屋周囲の地盤を凍らせる「凍土遮水壁」の完全凍結を開始した。高濃度汚染水の発生を減らす切り ...

高校生の文化祭典、南東北高校総体と、若い力の躍動が被災から7年目の夏、被災地東北に漲っています。

 しばらくブログを休眠していてすみません。八月も残り少なくなってまことに遅ればせですが、夏の日々のあれこれを。 <みやぎ総文祭2017>開会式 みなぎる思い世界へ 県内の高校生が作詞、作曲した大会イメージソングをステージで合唱し、観客 ...

7年目の夏、忘れられないあの日を胸に新しい躍動がひろがっています

 <リボーンアートフェス>「桃浦ビレッジ」整備進む 敷地内にウッドチップを敷き詰める作業に精を出す参加者ら 拡大写真  東日本大震災で被災した宮城県石巻市などを舞台に開幕したアートと音楽、食の総合祭「リボーンアート・フェスティバル( ...

斎藤農相が被災地初視察 復興状況確認

  井土生産組合の代表から説明を受ける斎藤農相(左)=仙台市若林区 拡大写真  斎藤健農相は21日、就任後初めて東日本大震災の被災地を訪れた。東京電力福島第1原発事故からの復興を目指す福島市の牧場や福島県飯舘村のビ ...

<福島第1>デブリ取り出し「気中」を軸に「冠水」は断念

炉内のデブリがようやくロボットカメラにとらえられ、一歩前進とはいえ廃炉作業の前途は暗中模索状態。原発の再稼働などこの後の問題であり、事故究明廃炉問題の解決に集中するのが当然と思うのですが・・・     拡大写真 ...