2016年6月の月別アーカイブ
2011-3-11 を忘れない

南三陸町志津川<集団移転造成地>施工不良で追加工事/不良拡大、工事を全面やり直し

<集団移転>施工不良 擁壁83区画やり直し 擁壁土台の施工不良が見つかり、全擁壁のやり直し工事が決まった志津川中央地区の移転団地 拡大写真 拡大写真  宮城県南三陸町志津川の防災集団移転団地志津川中央地区(135区画)で施工不良が ...

<原発宮城指定廃>処理問題。環境相ようやく初めての現地視察。

環境相、国と県で「責任分かち合う」。最終処分場建設問題は、従来の方針のまま。 ビニールハウス内の指定廃棄物を視察する丸川環境相(右から2人目)=12日、登米市(代表撮影) 拡大写真  東京電力福島第1原発事故で発生した宮城県内の指定 ...

<宮城指定廃>首長ら事態打開に期待

8000ベクレル以下の廃棄物について、県が再測定する方針を示した市町村長会議=27日、仙台市青葉区 拡大写真  東京電力福島第1原発事故で発生した放射性物質に汚染された廃棄物を巡り、県が国の基準値(1キログラム当たり8000ベクレ ...

志津川新魚市場に活気戻る 再建後本格稼働

名産のミズタコが水揚げされ、活気づく新市場 拡大写真  東日本大震災で被災し、今月完成した宮城県南三陸町の町地方卸売市場が9日、本格稼働した。買い受け人の威勢のいい掛け声が響く中、ミズタコやアカガレイなどが次々と競り落とされた。 ...

<南三陸防災庁舎>補修費8200万円計上へ

  かさ上げ工事のため立ち入り禁止となる町防災対策庁舎の正面で語り部の説明を熱心に聞く人たち=2016年3月31日、宮城県南三陸町  宮城県は25日、東日本大震災で被災し、2031年3月まで県有化する南三陸町防災対策庁舎 ...

水産復興大きな一歩 南三陸の卸売市場完成

  初競りが行われた新魚市場 拡大写真  東日本大震災で被災した南三陸町地方卸売市場が志津川漁港に完成し、1日、現地で落成式が行われた。国際的な食品衛生管理方式HACCP(ハサップ)に対応した高度衛生管理型施設に生まれ ...

防潮堤建設と住民合意形成をめぐる問題について

6月2日に、「防潮堤」に関する記事へのコメントをいただきました。震災後6年目に入り、各地で防潮堤の工事が着工されて巨大な構造物が姿を現し始める一方、伏在している問題が解決されぬまま難航している場合も少なくありません。いただいたコメントは仙台 ...