カテゴリー ‘原発災害’ のアーカイブ
2011-3-11 を忘れない

「廃炉・汚染水対策福島評議会」で資源エネルギー庁などが原発構内を巡る一般住民向けツアーを今秋に企画と説明

<福島第1原発事故>今秋にも住民向けツアー 資源エネ庁など企画  東京電力福島第1原発の廃炉の進展状況などを話し合う「廃炉・汚染水対策福島評議会」が1日、福島県いわき市であり、資源エネルギー庁などが原発構内を巡る一般住民向けツアーを今秋 ...

東北電力株主総会で、株主自治体の南三陸町、石巻市、仙台市など原発再稼動容認

<東北電>株主総会、原発再稼働巡り自治体の温度差浮き彫り 株主総会の会場に向かう株主ら 拡大写真  東北電力が26日開いた株主総会で、原発事業からの撤退などを求めた株主提案5件は全て否決された。東日本大震災から8年余り停止が続く原発 ...

原発立地の大熊町。住民の帰還開始と本格化する汚染土搬入

大熊町中間貯蔵施設に除染土続々 古里覆う 中間貯蔵施設「大熊(1)工区」の土壌用施設 拡大写真 拡大写真  福島県大熊町にある人工芝のスタジアムのような施設に、ダンプカーが次々に土を運び入れる。中間貯蔵施設の一つ「大熊(1)工区」。 ...

女川原発再稼動に民意の反映を

<女川原発>再稼動問う住民投票条例請求へ 必要署名4万人達成 記者会見で集めた署名数を報告する多々良代表(左から2人目) 拡大写真  東北電力女川原発2号機(宮城県女川町、石巻市)の再稼働の是非を問う住民投票条例制定を目指す市民団体 ...

県知事が栗原、加美、大和を指定廃棄物処分場候補地とした国の決定撤回を求める

<指定廃棄物処分場>「3候補地での議論困難」村井知事が認識示す  村井嘉浩知事は19日の定例記者会見で、東京電力福島第1原発事故で生じた放射性物質で汚染された国の基準(1キログラム当たり8000ベクレル)を超える指定廃棄物の処分を巡り「 ...

東北電力 女川原発1号機廃炉を決定

<女川原発1号機廃炉>再稼働審査長期化響く 廃棄物処分は難航必至 廃炉が決まった女川原発1号機 拡大写真  東北電力が25日、女川原発1号機(宮城県女川町、石巻市)の廃炉を表明した。背景には、東京電力福島第1原発と同じ沸騰水型炉の原子 ...

福島第一原発事故の責任を問う刑事裁判。被告人質問における武藤栄・元副社長の発言

傍聴席から失笑も… 東電元副社長が法廷で驚きの発言を連発 2018/10/23 07:00 ジャーナリスト・添田孝史  AERA 2018年10月29日号 © Asahi Shimbun Pu ...

法令基準値超えた汚染水の海洋放出、規制委委員長「薄めればいい」-どこが科学的?

<福島第1原発>トリチウム水再浄化、必要ないとの見解  原子力規制委員会の更田豊志委員長は5日、廃炉作業が進められる東京電力福島第1原発を現地視察し、報道陣の取材に応じた。汚染水浄化後もトリチウムなど複数の放射性物質が海洋放出の法令基準 ...

汚染水貯蔵タンクの放射性物質はトリチウムだけではないー東電が初めて報告

東電が陳謝 福島第一原発汚染水 8割以上で基準超の放射性物質 NHKnewsWEB 2018年10月1日 19時48分 福島第一原子力発電所にたまり続けている放射性物質を含む水について東京電力は、トリチウム以外の放射性物質が全体の8割以上 ...

<福島第一事故>肺がん死亡の男性に労災認定

<福島第1事故>肺がん初の労災認定 死亡例も初  厚生労働省は4日、東京電力福島第1原発事故後の収束作業などに従事した50代の男性について、発症した肺がんの原因は放射線の被ばくとして、労災認定したと発表した。男性は既に死亡している。同省 ...