投稿者 ‘ごじゅうから’ のアーカイブ
2011-3-11 を忘れない

東京電力福島第1原発事故の初期被ばくや自主避難による家族の分断などの精神的被害に対する裁判で賠償命令。福島中通り・原発集団訴訟 東電に1200万円

東京電力福島第1原発事故の初期被ばくや自主避難による家族の分断などで精神的被害を受けたとして、福島県中通り地方の住民52人が東電に計約9900万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、福島地裁は19日、国が定めた指針を超える東電の賠償責任を50人 ...

新型コロナの影響で、廃炉作業防護服確保に影響

福島第1原発廃炉作業の防護服、市販に切り替え 新型肺炎で確保困難に備え  東京電力は17日、新型コロナウイルスの影響で福島第1原発構内での廃炉作業に使う防護服の確保が困難になる事態に備え、市販の作業着への切り替えや再利用などの運用を18日に ...

女川2号機 地元同意を差し止める仮処分の住民要求に県側が対峙

女川2号機仮処分 第2回審尋で宮城県側が反論 地元同意差し止めは対象外 東北電力女川原発2号機(宮城県女川町、石巻市)の再稼働を巡り、重大事故を想定した広域避難計画に実効性がないとして、原発の半径30キロ圏内の石巻市民17人が、宮城県と同市 ...

難問中の難問、放射性廃棄物の最終処分をどうする

東電の廃炉計画 内堀知事「疑問は当然」 富岡町議会に理解  福島県の内堀雅雄知事は27日の定例記者会見で、東京電力が福島第2原発(楢葉町、富岡町)の廃炉に向けて作成中の廃止措置計画で、放射性廃棄物の処分方法が未確定の状態で作業期間を4 ...

石巻市長は犠牲になった子供たちに報える真摯な防災行政に取り組んでほしい

石巻市長、大川小遺族におわびの戸別訪問開始  石巻市大川小津波訴訟で原告の勝訴が確定したことを受け、亀山紘市長は犠牲になった児童74人の全54遺族に謝罪する戸別訪問を始めた。 市によると、亀山市長、菅原秀幸副市長、境直彦教育長が18日、市内 ...

女川原発の避難計画実効性審査を促す質問書を内閣府に提出

石巻市避難計画「実効性審査を」 女川2号機再稼働を巡り、市民団体が内閣府に質問書  国の新規制基準適合性審査に事実上「合格」した東北電力女川原発2号機(宮城県女川町、石巻市)の再稼働を巡り、石巻市の市民団体「女川原発の避難計画を考える会 ...

難航する廃炉作業。使用済み核燃料搬出開始時期4度目の先送り

燃料搬出最大5年先送り 福島第1原発廃炉の工程表改定 拡大写真  政府は27日、東京電力福島第1原発の廃炉に向けた中長期ロードマップ(工程表)を改定した。1、2号機の使用済み核燃料の搬出開始時期について、現行工程表より最大5年先送 ...

岩手県からの震災避難者、過半数が帰郷の見込みなしと回答

震災避難者「帰郷しない」が過半数 岩手県アンケート調査 拡大写真  東日本大震災の発生時に岩手県内で生活していた避難者の過半数が、帰郷を望んでいないことが県の調査で分かった。古里に帰りたいと考える避難者は2割に満 ...

人力で解体作業って大丈夫?!福島第一原発排気筒解体現場。

福島第1原発の排気筒、人力での解体に着手 解体装置に不具合 高さ110メートルの場所で排気筒を切断する作業員=3日午後5時ごろ、福島第1原発(東京電力提供) 拡大写真  東京電力は3日、福島第1原発の1、2号機共通排気筒の解体工事で、 ...

女川原発2号機(宮城県女川町、石巻市)が原発の新規制基準に適合していると認める「審査書案」を了承。重大事故を想定した広域避難計画は、非現実的にもかかわらず。

女川原発2号機「合格」 原子力規制委、審査書案了承 再稼働時期めど立たず 2号機の再稼働に必要な審査書案が了承された東北電力女川原発 拡大写真  原子力規制委員会は27日の定例会合で、東北電力が再稼働を目指す女川原発2号機(宮城県女 ...